∞tipi∞ 自分に還る旅。暮らしとスピリチュアル。

体感型&非体験型のシークレットサロン/fukuoka

イイヒト。

わたしはずっと、イイヒトになりたかったです。


イイヒトを演じてました。


イイヒトではない自分を悔やんでました。





イイヒト。


イイヒトは居ないんだと思います。


幻だったのかもしれません。

(わたしの持論です。世の中の"イイヒト"ごめんなさい)



都合のイイヒトはいます。


都合のイイヒト、ではなく、イイヒト、

いるのでしょうか。



イイヒトそうだけど『悪いなーー』って

プッと笑ってしまいそうなひとが愛おしいような気がします。


毒はあっていいような気がする。


毒があるから面白いような気がする。


そこを含めて好きになるような気がする。



「あー。好きだなーー」って。


「愛おしいなー」って。



それは自分と似てるからかもしれない。



欠点も含めて、好き。


漂っている雰囲気から好き。



相手の中に自分をかんじているのかもしれない。



だから自分を愛してあげてもいいかもしれない。



みんな一緒なんだーー、っていうところから

許せれることもあるんだと思います。


それでいいんだーー、っていうところから

許せれることもあるんだと思います。



そのうち、

それがいいんだー、ってなるんじゃないかな。



わたしでいいんだーー

から

わたしがいいんだーー。



わたしだったから良かったんだ!!



わたしだったから出来たんだ!!


わたしだから出来るんだ!!


わたし、凄いのかもしれない!!




そうやって

順序持ってゆっくりでいいと思いますよ。



焦らずね。



自分で腑に落とさないと、

自分の中に入ってこないからね。



頭ではなくて、

自分の中に落とし込める。



そこまで、丁寧に、ね。