∞tipi∞ 自分に還る旅。暮らしとスピリチュアル。

体感型&非体験型のシークレットサロン/fukuoka

好きなことを選んで行動する。

これまでの記事でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、


わたしはスピリチュアルが好きではありません。


多分、他の方からみたら"スピリチュアルなひと"で

セッションもしていて

それでお金も払っていただいています。


それをお伝えするのはやっぱりドキドキします。


こういうわたしでも

覚悟がいりました。





1年半前に「やりたくない」って気付きました。


1年半前は、既に限界だったみたいです。



あはは!






スピリチュアルはわたしの中で"制限があるもの"です。



あと、いつかどこかで歪められている。



もっと身近にあって当たり前なものなのに

なんか別の枠組みにされている印象。。。






それはわたしの中の印象ですし、

何回か記事にしたことがあると思います。






制限。


例えば口にいれるもの。




波動を下げるから

あれはだめ、これはだめ、と厳しすぎるような気がします。




まぁ、それは分かります。




エンパスが酷すぎて、わたしは3年くらい前からお肉が食べれません。


具合が悪くなります。


お肉は泣く泣く諦めましたが

とんこつラーメンだけはたまにむしょーに食べたくなるときがありました。





自己責任です。


体調を考慮して、なんとか調子が良いときに、

最悪具合が悪くなってもいいや、と覚悟しながら食べていたのを思い出します。笑


食べたいものは食べたい!!


ハングリー精神?は強いです。



食べたいものは食べれるときに食べたいと思っています。



お肉のように、いつ食べれなくなるか分からないから。




ギリギリまでたべてました。




いまは、とんこつラーメンは食べれなくなりました。。。

美味しく感じなくなったからです。



「あれ?」って。




あんなに身体張って食べてたのになー。



逆に鶏肉は「いけそうな気がするーー」というときに食べれるときが最近あるので

感覚を頼りにたまに食べたりしています。


受け付けないときは本当にたべれません。





あと、カフェイン。

カフェラテは大好きです。

あの響きだけでも好きだし、香りだけでも落ち着きます。


また、

『身体を汚す』ために飲んでることもあります。


過敏過ぎて、身体をちょっと汚さ(鈍らせ)ないとこの世界で生きていけません。


いろんな情報がビンビン入ってきます。


酷すぎると動けなくなります。



自分を守るために摂ってることもありますが

やっぱり、セッションをさせてもらってるから

飲まないほうがいいかな、と思うときがあります。

セラピストのお友達にも「やめたほうがいいよー」とアドバイスをもらって


「やっぱりそうだよなーー」って

数ヶ月やめてました。


我慢、ですね。



けど、身体がガチガチのまま。


緊張し続けています。


緩みません。。。




結果、

カフェインやめるのやめちゃった♡



とりたいときに

最小限、だけど、ね。



(とりすぎたら調子が悪くなる)




やっぱ、美味しい!♡!

シアワセです。



またいつ飲めなくなるか分からないから

飲みたいときに飲みたいと思ってます。



やりきるまでやりたい。




ラーメンはやりきった感があります。




多分、やりきりたいんじゃないかな。


悔いをのこしたくない。




あと、この体質でチャレンジャーですが

現在病院で働いています。




現役ナースです。



夜勤明けは特にボロボロです。


結構楽しんでます。




縛りと制限の宝庫です。



イライラしながら楽しんでます。




イライラの宝庫でもあります。



イライラは人間の特権。




イライラにスイッチがあったりします。


「あんにゃろーー」とか

「楽して生きてやるぜ!」とか

「楽しんでやるぜ!」とか。



あとは本音で話せてるし楽なところもあるけど



そんなんやってますが

きっといつか無理なときがやってくる。



今しか出来ないことを今できることで充分やりきりたいです。



そうやって次に進んでいきたいと思います。





スピリチュアルを捨てる、といっても

もう

わたしの中に備わっていて

切っても切れない存在になっています。



これまで探究してきましたが、

"スピリチュアル"が好きだったんじゃなく


"わたし"が好きでした。



"スピリチュアル"に興味があるんじゃなく

"わたし"に興味がありました。



何をやってる?と聞かれても

"スピリチュアル"をやってるんじゃなくて

"チアキ"をやってました。



わたし独特のオリジナル。

それがひとつのブランド、商品じゃないかなーーって。


そうなればいいなーと思っています。



ブランディングというか。



あたらしい分野をつくっていければ嬉しいです。



好きなことを選んで行動して

それに群がるひとがそれぞれ楽しむ、


個人で楽しんだり

手を繋いだり

そのときそのときで選んで遊ぶ。


個人主義者。



暮らしをお売り出来たらなーと思います。



あたらしい未来のために♡