∞tipi∞ 自分に還る旅。暮らしとスピリチュアル。

体感型&非体験型のシークレットサロン/fukuoka

ココロノコエ。

誰がわたしを孤独にしたんだろう。


誰がわたしを隠したんだろう。


わたしは誰なんだろう。


どうしていつも暗いところにいるんだろう。


どうして

誰も気付いてくれないんだろう。



わたしは隠されないといけない存在なのかなぁ。



ひとりぼっちでいないといけない存在なのかなぁ。



なんで隔離するの?



なんで一緒にいれないの?



すぐそこにいるのに。


特別なんかじゃない。


ずっとここにいる。


あたりまえにそこにいるんだ。


隠されるようなことはしていない。



恥ずかしいのかなぁ。



ひとと違うことをしてるのかなぁ。



わたしはいちゃいけないのかなぁ。


ひとに合わせれないわたしは

かき消される存在なのかなぁ。



近くにいるから見えないのかなぁ。


じゃあもういいよ。


こんなに好きなのに

わたしのことはどうでもいいんだもんね。



他のひとのいうことが当たってるんだね。


じゃあ、もういい。








ご無沙汰しています。


session可能な日、アップしました。


あえて日にちはあげず、


お互いの日程があったときがそのとき。


ご希望のお日にちをいくつか教えてください。



それぞれ時期があり

そのタイミングで必要なものが必要なだけ。


それは自然にまかせたらいいのかもしれませんね。



お互いが巡りあうときはきっとくる。





探し続けていたら。









わたしは

ずっと自分のことを隠してきました。


他人とは違うであろう、自分。


別に特別ではなくて

劣っていると

ずっと思ってて。



ひた隠しにして

そういう素振りも見せず

ひとりぼっちのわたしを

どんどん遠くへ遠くへ

誰にも見えないところに隠していました。


ほんとになにもない。


そこで

誰かに気付いてもらえるのをずっと息を殺して待ってました。


気付いて欲しいけど

バレたくない。


そんな矛盾。。。


誰にもバレずにわたしを最後まで見届ける、

それにかかりっきりで

なにをしているか

わからなくなりました。



わたしはなにをしたいんだろう?



そこから

また新しい旅がはじまりました。