∞tipi∞ 自分に還る旅。暮らしとスピリチュアル。

体感型&非体験型のシークレットサロン/fukuoka

加速系。

わたしは、以前から周りのひとにあることを言ってました。


「わたしと絡むと変化して加速していくから

もしそれをやめたい(そこで留まりたい)のなら会うのをやめてね!」



結構、みなさん生き方が変わっていかれます。


ツールが開いたりされます。



本来の資質が目覚めるというか

なにかが目覚めるのでしょうね。


で、ゴールに向かって動き出すんだと思います。



ただただ動き出すのではありません。


その間にいろんなことに向き合うことになり

そこを見る必要性が出てきます。



向き合うことは

とても辛いことでもあります。




それはたくさんやってきたから言えることだと思います。




これまで背負ってきた荷をおろし

楽になるために

そこに取り組む。

身軽になるために

昇華していく。


取り組まないまま加速していっても

それはいつまでも付き纏い

とても疲れます。


アクセルとブレーキを一緒に踏んでるイメージです。


肉体という乗り物も故障してしまいます。



周りとのギャップにも苦しみます。



人によっては壮絶なものもきます(基本、大丈夫ですが)。


バネとなって動いていかれます。



その変化の過程を見るのがとても辛くて

罪悪感をいつも抱えてました。


「わたしと出会わなければ、気付かずに暮らしていけたのかな」って。


「なにも知らないほうが良かったんじゃないかな」って。



自分の理想を押し付けていました。




いつか見なくてはいけないものなのでしょうが、

見ないままでもきっと生きていけます。


無視して。


そのままなにも知らないまま「何のために生きてるんだろう」と悶々しながら死ぬだけですけどね。


今回のチャンスを無駄にするだけですけどね。



生きる意味を見失ったままでいいのなら

見なくてもいいと思うのです。


別にこちらとしてはどっちでもいいのです。



本来の姿を思い出したいひと

本当の歓びを知りたいひとは

その途中途中で課題をクリアしていくことになります。



ゆくゆくは素晴らしいところで生きていくのですが、

それまでは結構前途多難だったりします(個人差あり)。

ガラリと変わります。





多分、わたしもどっかで

「ツインの彼に出会わなければあのまま平々凡々と暮らしていけたのかな」

と思ってたからだと思います。



この数年で大分変わりました。

人間関係も大きく変わりました。

取り繕うこともできなくなりました。

わけがわからないスピリチュアルの世界に足を踏み込むことになりました。

敏感さに拍車がかかり

お肉も食べれなくなり

テレビもまともに見れなくなり

毎日ぐったりして生活もままならなくなりました。

あんなに結婚、恋愛したかったのに

なんか知らないけどずっとひとりです。

向き合うことに、ついていくのに必死で

美容もお洒落も諦めて

男のように生きてきました。

余分なものを削ぎ落としていき

なにも残っていません。

生きていくことに精一杯でした。




多分、恨んでたんだと思います。


ずっと、「何処で間違えたんだろう」と悔やんでました。



「出会わなければ良かったのかなー」

と思ったり

「出会って良かった」と思ったり

ちぐはぐです。


でも結果出会って良かったのかもしれません。



今のわたしを創りあげたひとと言っても過言ではありません。



多分、あの人で出来ています。



成分はあのひとです。笑



そんな自分を愛することに決めました。





これまでは自分を責めてました。



「わたしはひとをフコウにする」と思い込んでました。


周りのひとは「出会ってから生き方が変わりました。良かったです。あれから◯年なんですね!」

と言ってくれたりしてくれます。


ずっと違うところを見てたんですね。



また、

わたしは興味を持つことを怖れていました。

それも同じように

興味を持ったらその人はめっちゃ加速して

とどまることをしらない状態になるからです。


無意識のところで

意識に潜って操作しています。書き換え?



興味を持つこと=熱視線?

いけないことかな、と思ってました。




けれど、よく考えてみたら

それを求めてみんなわたしのところにやってきてくれます。


その時点で合意のもとです。



そう考えたら、

もっとコンタクトを取ってくれるひとに

わたしの特殊能力をぶちまけよう!と思えるようになりました。

やっと、かな。



いまは『ただガムシャラに』ではなく

『ゆとりをもって今以上に楽に自分の特性を活かしてお金を稼ぐ』にフォーカスしています。



ありのままで最高級のものを出せる、

ということを知ったからです。


頑張らずとも

自分のやりたいことをするだけですごいエネルギーが動いているということを知ったからです。



たくさんの研究の裏にそういうものが隠れています。



トライアンドエラーはいくつもしました。





その中で自分がやっていることが

自分ができることなんだと思います。




わたしは未だに『スピリチュアル』を悪だと捉えてるところがあります。


分かること、それを言うことにすごく抵抗があります。



多分、過去生?魂の記憶?そういうものが大きいと思います。


結構そういう仕事をしてることも多かったです。

それで辛い目にあったこともあります。


人間のカタチになれなかったこともあります。

求めてることと違うことをさせられたこともあります。

分かったことによって殺されたこともあります。

言わなきゃ良かったのに言ってしまったことで殺されたこともあります。


すぐひとに見つけられます。

嗅ぎ付かれて見つかります。



そのせいか

わたしはずっと隠れて生きてきました。


ひっそりとひっそりと

知ってるひとだけが知っている、

そういうポジションにいます。


ですので、

見つけてコンタクト取ってくれるひとは

「すごいセンサーだな!!」と思います。


目立たないはずなのに

よく見つけてくれるな!って。


結構マニアックなはずなのにどうしてキャッチしてくれるのかな?って。



華やかさも煌びやかさもないのに

なにを見て興味を持ってくれるのかな?って。



不思議でたまりません。


けど、わたしはその感度を確かなものだと思っています。


それだけで尊敬しています。


そしてありがたいなーと思っています。



影に隠れてるわたしを呼び起こしてくれるんだもの。



いつも怯えているわたし。



それを癒してくれるクライアントさん。



もっと自信をもって

自分をあらわしていけたらな、と思います。



あのときは辛かったけれど

いまは自分のやり方をさせてもらって

そしてそれを求めてくれるひとがいて

本当にありがたいです。




わたしはあなたの輝く姿をみたいです。

キラキラしたもの。

もっともっとあなたの求めるものを届けたいと思っています。



お互いが補いあえるような

エネルギーが循環するような

そういう関係をつくっていけたらな、と思います。



ぜんぶでひとつだから

わたしが出来ること、

わたしのパートはわたしが歌いたいと思い

日々

自分に忠実に生きています。



それぞれがそれぞれのパートを楽しく歌ったら

素敵なハーモニーが生まれると思いませんか?




スピリチュアルの専門家ではありませんが

特性はあります。


経験もあります。


異端児です。


それを活かしていけたらな、と思います。


これからもどうぞよろしくお願いします。