∞tipi∞ 自分に還る旅。暮らしとスピリチュアル。

体感型&非体験型のシークレットサロン/fukuoka

1番にしてね。お姫さま(王子)みたいに、ね。

この世界で1番になろう。






この世界は"わたし"しかいないから

"わたし"を最優先すればいいと思う。



"わたし"はわたしにしかできないから

"わたし"をやろう。


"わたし"をやったら1番だよ。笑



"わたし"をやらせたら誰にも負けないよ。




だから"わたし"をやろう。

"わたし"を愉しもう。


"わたし"をめいっぱいやって

いちばんはっちゃけよう。




"わたし"がなんなのかよく分からないけれど

とにかく

たのしめればいいんだ。




わたしが歓ぶものを。

わたしが1番得意なものを。

わたしが1番好きなものを。

わたしが1番弾けれるものを。


わたしが輝けることを。

わたしが安心できることを。

1番に考える。



自分の世界でしか生きれないから

その世界の1番になればいいと思う。


それ以外の世界なんてない。



それが地球のためになるんじゃないかな?

まわりのためになるんじゃないかな?




わたしが生きればいいと思う。


わたしが活きればいいと思う。




生かせてくれるひとのためなら

活かしてくれるひとのためなら

なんでもする。


わたしも含めてね。



特定の誰かなんていない。



みんな一緒。



誰がやってもいい。




だからわたしもわたしを生かそうとしてるし

活かそうとしてる。




それが生活ではないかな。





みんなから生活を助けてもらってる。




わたしが出来ることをしているだけなのに

それにお金を払ってくれる。



そしてありがとうって言ってくれる。



息をするように出てくるものだから

そんなんでお金をもらってはいけないと思ってた。

感謝されるもんじゃないって思ってた。

頑張ってないのにって。




息をしたらいけない、

生きたらいけないと思ってた。




けれどわたしはわたしを発揮するたびに

わたしが息をするたびに

そこになにかが生まれる。






ナチュラルに。

シンプルに。

循環が起きる。






だからわたしも生きようと思う。



廻してそれを見ようと思う。



キラキラしたものを見ようと思う。





息すること、

生きることを許そう。



また蘇ろう。

生まれ直そう。

出逢い直そう。


あたらしい自分に。